2012年01月24日

スサノオ - 素戔嗚尊2

さて、高天原を追放されたスサノオは、腹が減ってあっちにふらふら、こっちにヨロヨロ、川っペリまで歩いてくると、なんと箸が流れてきたじゃないですか!

箸が流れてきた→人がいて飯を食ってた→おれも食いてぇ、俺にもクレ!

ということで川上に向かって猛ダッシュ!案の定藁葺きの一軒家があったんだけど、なんかすっごいダークなイメージ。そんなことも構わず、スサノオは「俺にも飯くれちょー!」と勢い良く家に突っ込むと、中にはじいさんばあさんとその間に絶世の美女(しかも若い)が!!
スサノオは「お嬢さん、デートしましょう、いやもういいからキスしましょう、そのあとはニャンニャ(ry」と唐突に言ったかどうかの伝承は残っていないが、顔を近づけるとどうやら泣きはらした目をしている若い美女。「おいジジババ、お前らこのねーちゃんを拐かしてきた盗賊だなこのヤロウしかも莫大な身代金を要求して手に入れた後にこの若い子も取って食おうってんだなこのひとでなし俺と勝負しろィそして俺が勝ったらこの子は俺のもんだぞこのやろういやジジババに天津神の俺が負けるわけねーからこの子は既に俺のもんみたいなもんださあお嬢さん、デートしましょう、いやも(ry」とか何とか喚いたスサノオを見て、ジジババさまは大驚き。なんてったって天津神なんて普通中つ国(地上)にはいないからねぇ。そんなこと言い出す人は変人か神様しかいないだろうってことで、どうやら自分らの子供(若い美女)を気に入っているようだし、一つ悩みを打ち明けて解決してもらおうと決心した。

「いやいや、そうではござりませぬ、この子は私どもの子です。実は、最近このあたりに八岐大蛇(ヤマタノオロチ)という大蛇が現れ、私らの子を一人ずつ食い荒らしていくのです。この子は9人姉妹の末の子。そして今夜、ヤマタノオロチに食べられる哀れな最後の子。それを悲しんで、こうして三人、泣いていたのです。でもお話によると、貴方様は天津神。どうか貴方様のお力で、ヤマタノオロチを退治していただけないでしょうか。お気に召されましたら、この子はもちろん差し上げます」

やっべーあまりにも歳が離れているからとっつぁまだとは思わなかったよしかも大蛇にこの子が食われるとかさらに9人姉妹て全部生きてりゃ小ハーレム作れたじゃねえかこのやろうそんなの断じて許さん!許さんぞおおおお!!!!!11
「よし、お父様・お母様、私がその大蛇とやらを退治して差し上げましょう。そのかわりこの子をくださるというのは嘘じゃありませんね。今夜からもらっちゃいますよFOOOOOOOO!今夜はフィーバーFOOOOOOO!!!でもそんな悲しい時なのに御飯食べてしかも箸を何故か川に流すとか誰得?」と言ったかどうかは知らないが、スサノオは若い美女(奇稲田姫=クシナダヒメ)をゲットし、名前の通りクシにして自分の髪にさし、山でオロチが来るのを酒飲みながら待っていた。



そして夜。



お決まりの雷がなって、何やらガサガサいいながらでっかい影が。
おお、こりゃすげえ、なんか頭が8つあるでよ。だから山田、じゃなくてヤマタ。しかしアレだな、円状にみれば8マタだが、平面に並べると7マタ。これいかに。しかも目がみんな赤く光ってるし、背中には苔生えてるし、尻尾まで8つとか、これなんて宇宙怪獣?無理ゲーでしょ、これとスサノオがひとしきり思うが早いか、頭の一つがスサノオめがけてひゅるりんぱと向かって来たもんだから、スサノオも慌てて「むひょぅほ」とか変な声を出しつつ酒瓶を振り回すと、それが変なふうにオロチの頭にあたって派手に割れた、と。顔についた酒をペロリ、とヒトなめ。オロチの頭はグデーンと眠ってしまった。

ん?どうしたの?大丈夫?と別の頭が寝ている頭をペロペロ舐めて、その頭もグデーン。

まさかの8連続。みんなグデーンした隙をスサノオが見逃すわけがない。

さすが破壊神スサノオ、持っている剣を抜いて、「わーはははははははははわーははははははははは」と嬉々として8つの首を次から次へはねとばしていったが、調子に乗って8つの尻尾まで切り落とそうとしたところ、剣が何かに弾き返されてまっぷたつに折れちゃった。
思いもよらぬ反動で、「んがぐぐ」とか言いながらよろめいたスサノオは、何に弾き返されたんだ?とオロチの尻尾を見てみると、尻尾の一つになんとも立派な別の剣が眠っていた。

「検分いたす」と誰も聞いていないのに時代劇風にひとりごち、スサノオはその剣を取り出してみると、FF5で用心棒が持っていたあの刀じゃありませんか!!

「あの頃はこれを手に入れるまでリターンしまくったぜ……」とどっちが元ネタかわからなくなるようなメタ発言をした後、「ねーちゃん、この前はごめんねー、これあげるから許してちょー」と、その立派な剣(天叢雲剣=後の草なぎ剛、じゃなくて草薙の剣)を高天原のアマテラスに献上した。


かくしてヤマタノオロチは退治され、スサノオは若い美女(クシナダヒメ)をお嫁さんとしてゲット、リア充の仲間入りしたにも関わらず次の瞬間には黄泉の国へゴーとか、どんな罰ゲーム?という感じだがまぁ自分で望んでいるんだから仕方が無いとは言いつつもクシナダヒメにとってはヤマタノオロチに食われてもスサノオに嫁いでも次の日には黄泉の国じゃどっちでも変わんないんじゃね?とか思ったり思わなかったり。


なお、スサノオたんのお母さん、イザナミたんは既に体が原型を留めておらず、結局スサノオたんはママには会えなかったとか……いう話は伝わっていません。
もう黄泉の国全体がイザナミの子宮みたいなもんかもしれませんね。
【関連する記事】
posted by グッドゴッド at 00:23| 神話・物語 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。